ミネラルファンデーションとは

ミネラルファンデーションとはミネラル(鉱物)を主原料として作られたファンデーションのことです。ミネラルといってもカルシウムやカリウム、亜鉛といった成分そのもののことではないので注意が必要です。ただこれらの原材料にはミネラルが豊富に含まれているので肌によいメリットも備えています。

天然由来成分をメインで配合

ミネラルファンデーションとは

実際には天然の鉱物のほか酸化鉄のマイカ、酸化亜鉛、酸化チタンなどがよく使用されています。こうした原材料を粉末状にして作られるため、広い意味ではパウダーファンデーションに分類されます。

 

ですから一般的なパウダーファンデーションとの区別も知っておいたほうがよいでしょう。

 

ミネラルファンデーションの特徴はなんといっても天然由来の成分をメインに使用している点です。

 

美容液や化粧水などのスキンケア製品では合成界面活性剤などの添加物を使用していないアイテムが人気を集めていますが、ファンデーションはその性質上なかなか添加物や化学物質を使わずに製品を作るのが難しい面もあります。

 

ですからせっかく低刺激なスキンケア製品で肌をいたわりながらケアしていてもファンデーションで負担をかけてしまうケースも多いのです。

 

この点ミネラルファンデーションは天然由来の原材料を使いつつ界面活性剤や防腐剤といった添加物を使用していないことが多く、従来のファンデーションに比べて格段に肌への刺激が少ない内容になっています。

低刺激な分ややカバー力が劣る・・

ミネラルファンデーションとは

ですからメイクをすると肌荒れを起こしやすい乾燥肌・敏感肌、または加齢の影響でバリア機能が低下している年齢肌のメイクにとても適しているのです。

 

そもそもミネラルファンデーションが注目を集めるようになったのもこうした刺激に弱い人向けの化粧品のニーズが高まっている背景があります。

 

ですからパウダーファンデーションとの違いは肌に負担をかける恐れがある添加物が使われていないかどうか、肌への負担が少ないかどうかで分けられます。この点は成分表示などもチェックしたうえで見極めることも大事です。

 

このように低刺激で使いやすい点が評価されているミネラルファンデーションですが、一方でカバー力が少々劣る難点も抱えています。

 

天然由来の安全な成分だけで作るとどうしても肌への密着性も弱くなってしまい、リキッドファンデーションや化学物質を使ったパウダーファンデーションに比べてシミやくすみなどのトラブルを目立たなくさせる大事な部分で一歩劣ってしまうのです。

 

この点が評価が分かれる部分でもあり、ひとによって向き・不向きが分かれてくる部分ともなっています。

  • ミネラルファンデーションの特徴は天然由来の成分をメインに使用していること
  • ミネラルファンデーションは特に乾燥肌・敏感肌に適している
  • ミネラルファンデーションは肌に優しい分カバー力が少々劣る部分も・・

ミネラルファンデーションのメリット・デメリット

ミネラルファンデーションは乾燥肌や敏感肌の方に適したファンデーションの選択肢として注目されていますが、その一方でデメリットというか、使用するうえで注意しておくべき点もいくつかあります。このブラス・マイナスの部分の両方を踏まえたうえで自分なりに選んでいく必要があるわけです。

最大のメリットは低刺激なこと

ミネラルファンデーションのメリット・デメリット

最大のメリットはなんといっても肌に優しく、負担が少ない点です。

 

ミネラル(鉱物)という天然由来の原材料から作られているうえに化学物質や石油由来の成分を使用していない製品が多いため、先ほど触れたように乾燥肌や敏感肌など刺激に敏感な方でも使いやすいのです。

 

また、このメリットは肌トラブルの予防・改善にも役立つます。肌荒れを起こしやすい人やカサつき、ゴワつきなどが気になる人は知らず知らずのうちに肌に合わないファンデーションが環境を悪化させてしまっているのが原因かもしれません。

 

乾燥肌・敏感肌の悩みをとくに抱えていない人でもミネラルファンデーションに切り替えてみるとトラブルが減少する、といったケースが見られるのです。ですから刺激に敏感な人だけでなく肌トラブルを抱えやすい人全般に適した選択肢ともいえるでしょう。

 

肌の負担に関してはもうひとつ、落としやすいのでクレンジングの刺激が少ない点も挙げられます。クレンジングの直後にカサつきやつっぱり感を感じている人はこの点は逃せないメリットになるでしょう。

ナチュラルな分ややカバーが劣る

ミネラルファンデーションのメリット・デメリット

こうした低刺激で肌に優しい点が最大のメリットとして注目されている一方、天然素材を利用した製品だからこそのデメリットもあります。最大のマイナス点はカバー力がやや頼りない点です。

 

ファンデーションには本来肌への密着性を高めてカバー力を高めるためのオイルや化学成分などが配合されています。それらが肌に負担をかける一方でシミやたるみを目立たなくさせる優れたカバー力をもたらしているのです。

 

そのためこれらを使用していないミネラルファンデーションはカバー力においてリキッドファンデーションや通常のパウダーファンデーションと比べて一歩劣ります。

 

ファンデーションはもともと肌のトラブルをカバーしつつ凹凸などをきれいに整えるものです。いくら肌に優しくてもこの基本的な部分が十分に得られない場合にはよい化粧品とはいえないでしょう。

 

この点はカバーしなければならないトラブルがどれだけ深刻か、日ごろメイクをどれだけしっかり行っているかによって評価が分かれる部分だけに難しい面もあります。

 

低刺激を重視するか、カバー力を重視するか。ファンデーションに何を求めるかによってその人にとってメリット・デメリットのどちらが得られるのかが変わってくるでしょう。それだけに慎重な見極めが求められます。

ミネラルファンデーションのメリット ミネラルファンデーションのデメリット

・敏感肌に肌に優しく、負担が少ない
・落としやすいのでクレンジングの刺激が少ない

・リキッドやパウダーファンデに比べカバー力がやや劣る

ミネラルファンデーションの失敗しない選び方

ミネラルファンデーションはあくまで自分に合ったものを選ぶことが大事です。低刺激で肌に優しいメリットを備えている一方、カバー力がやや劣る面もあるため、自分にとって無理なく使えるうえでしっかり肌トラブルをカバーしてきれいに仕上げられるアイテムが求められます。

低刺激重視ならミネラル100%を!

ミネラルファンデーションの失敗しない選び方

まずポイントとなるのはミネラル成分がどのような形で含まれているか。鉱物(ミネラル)を主原料として作られているのがミネラルファンデーションですが、それ以外にもいろいろな成分・物質が含まれている場合もあります。

 

たとえばタルクや合成ポリマーなど、ファンデーションとしての品質を高めるための物質が含まれている製品もあります。その場合、ミネラルファンデーションの最大のメリットである低刺激な面が弱まってしまいます。

 

乾燥肌・敏感肌など刺激に敏感でとにかく肌に優しいものを使いたいという場合にはミネラル100パーセントの製品を選ぶとよいでしょう。

 

なおこの点に関しては価格が安い製品ほどミネラル以外の物質が含まれていることが多く、ミネラルだけにこだわればこだわるほど価格が高いものから選んでいく必要が出てきます。

 

そのため経済的な面も踏まえたうえで無理なく買い続けて使い続けることができる価格帯の範囲内で選んでいくようにしましょう。

 

無理してミネラル100パーセントの効果な製品を購入しても肌よりも懐の負担が大きくなって続けられなくなってしまう、などといったことはできるだけ避けましょう。

パウダーとルースどちらを選ぶかもポイント

ミネラルファンデーションの失敗しない選び方

もうひとつ選び方の重要なポイントとなるのが冒頭でも触れたカバー力です。

 

リキッドファンデーションやクリームファンデーションに比べるとどうしてもカバー力が劣るため、シミや小じわの悩みを抱えている方が使用すると肝心のファンデーションとしての効果が十分に得られない可能性も出てきます。

 

シミや小じわは肌が刺激に敏感になっている人ほど抱えやすいトラブルだけに、どこまでカバー力を求めながら低刺激のミネラルファンデーションを使うのか、そのバランスが問われます。

 

低刺激だけにこだわらずやはり自分の肌を美しく整えてくれるカバー力もしっかりと見ておきたいところです。

 

それからパウダータイプとルースタイプのどちらを選ぶかも大事な部分です。パウダータイプが主流ですが、パウダーを固めずにそのまま使用するルースタイプのミネラルファンデーションも増えています。

 

こちらは軽い仕上がりになるのが特徴で、肌への刺激が少ない一方でカバー力が弱くなります。

 

先ほど挙げた低刺激とカバー力のバランスはそのままルースタイプとパウダータイプの選択とも関わってくるのでそれぞれの特徴や自分の肌との相性をよくチェックしていくようにしましょう。

  • とにかく肌に優しいファンデーションを選ぶならミネラル100パーセント
  • ミネラルファンデーション選びではカバー力と低刺激性のバランスが大切
  • ミネラルファンデーションはパウダータイプとルースタイプどちらを選ぶかもポイント

肌質別のミネラルファンデーションとの相性は?

ミネラルファンデーションはもともと敏感肌・乾燥肌に適しているアイテムとのイメージが強いですが、ニーズの高まりでさまざまなメーカーから製品が発売されるようになったことで脂性肌用やとくに刺激に敏感な肌用など特定の肌質に合った製品が市場に並ぶようになっています。低刺激という点ではみな共通している一方、製品によって肌質に合わせて特定のメリットを備えたものもあるのです。

ミネラルファンデは敏感肌にぴったり

肌質別のミネラルファンデーションとの相性

もともと敏感肌と相性がよいファンデーションですが、とくに近年ではルースタイプのファンデーションが注目されています。

 

パウダーを固めたパウダータイプに対して粉状のまま使用するルースタイプは塗付する際の摩擦の刺激も少なく、軽く乗せながら使っていくことができます。カバー力が弱くなりますが、ふんわりと軽い仕上がりにできるメリットもあります。

 

刺激に弱すぎてそもそもメイクができないと悩んでいる人にとってはもっとも理想的な選択肢となるでしょう。

 

一方乾燥肌の方は乾燥が原因の小じわやカサつきなどの肌の凹凸をうまくカバーできるファンデーションが求められます。パウダーの粒子が細かいパウダータイプが一番適しているでしょう

 

ミネラルファンデーションの中でももっとも製品の選択肢が多いタイプなのでいろいろな製品をチェックしながら選んでみましょう。

 

ポイントとしては粒子が細かく毛穴や小じわなどの凹凸にしっかりフィットするものを選ぶこと、それからこれは必須ではありませんが、保湿成分など美容成分が含まれているものを選ぶとメイクとスキンケアを一緒に行うことができるのでおすすめです。

脂性肌は皮脂を吸着するタイプを

肌質別のミネラルファンデーションとの相性

ミネラルだけで作られているミネラル100パーセントの製品が人気ですが、必ずしもそれにこだわらず植物由来のエキスなどが配合されている製品をチェックしてみましょう。

 

難しいのは脂性肌でしょう。そもそもバリア機能の低下の悩みを抱えていないことが多い脂性肌はミネラルファンデーションを使う必要があるのか?という点がまずあります。

 

リキッドファンデーションやクリームファンデーション、通常のパウダーファンデーションよりもどの点が自分の肌に適しているのかをはっきり見極めたうえで本当にミネラルファンデーションがよい選択肢なのかどうかを判断しましょう。

 

そのうえで皮脂を吸着する効果に優れたものがオススメです。

 

これはパウダーファンデーション選び全般で言えることですが、とくにミネラルファンデーションは肌への密着力が弱めなので脂性肌の人が使うと過剰な皮脂で浮き上がってしまう恐れがあるのです。

 

皮脂吸着パウダーが使用されているものがもっとも適しているでしょう。なお、リキッドタイプのミネラルファンデーションも増えており、カバー力も重視したい脂性肌の方はこちらもおすすめです。

  • ミネラルファンデーションは思うようにメイクできなかった敏感肌にもおすすめ
  • 乾燥肌はパウダータイプのミネラルファンデーションがぴったり
  • 脂性肌は皮脂吸着パウダーが使用されているミネラルファンデーションが適している

ミネラルファンデーションの上手な使い方

ミネラルファンデーションを使う際にはこのファンデーションのメリットを最大限に引き出しつつ、デメリットをできるだけ抑える上手な使い方が求められます。

肌に優しい化粧下地を塗っておく

ミネラルファンデーションの上手な使い方

まず大事なのが化粧下地選びと使い方です。そもそもミネラルファンデーションは肌に密着しにくくカバー力に劣る点がデメリットとしてよく挙げられます。

 

そのためシミや小じわなどのトラブルをうまくカバーできない、日中に化粧崩れを起こしてしまうといった問題が起こりやすいので化粧下地でそのデメリットをフォローすることが大事なのです。

 

当然化粧下地でも肌に優しいものを選ぶことが大前提、そのうえで適量を踏まえながらムラなくきれいに塗っていくのがポイントです。

 

ミネラルファンデーションは軽い仕上がりが魅力ですから、化粧下地をあまり多く塗ってしまうとそのメリットが失われてしまいかねません。

 

コントロールカラーの役割も兼ねた化粧下地で少し肌を明るめに演出するよう心がけるとミネラルファンデの軽さとうまく合います

 

それからしっかり塗布すること。ふんわり軽く仕上がる一方で崩れやすいマイナス点があるだけにしっかりと肌になじませて塗付していくことが大事です。

柔らかいブラシでムラなく塗付

ミネラルファンデーションの上手な使い方

カバー力を引き出すためにもシワや毛穴などの凹凸部分にうまくフィットさせることができるかが最大のポイントといってもよいでしょう。

 

基本的にはブラシで塗付していくことになりますから、ブラシにしっかりファンデをつけたことを確認しながら使いましょう。

 

そしてこのブラシはできるだけ柔らかいものを使うこと。これはミネラルファンデーションに限られた話ではありませんが、ブラシが硬いとどうしても摩擦の刺激が肌に負担をかけてしまいます。

 

とくにミネラルファンデーションはムラなく塗付するのに少しコツがいる部分もあるので何度もブラシで塗付している間にどんどん刺激が加わってしまうことになりかねません。

 

用量にも注意したいところ、たっぷりつければよいわけではなく、あくまで適量の範囲内で使いましょう。多すぎると崩れやすい、ムラができやすいといったこれまで挙げてきたマイナス点が表面に出やすくなってしまうからです。

 

あとは場所によって塗り方に配慮すること。目元・口元は刺激に敏感な一方でしっかり塗らないと凹凸をキレイに整えることができません。

 

力加減に注意しつつ塗付していく工夫が必要です。これは慣れが必要な部分もあるだけに日々の生活の中で心がけながら身につけていきたい部分です。

  • ミネラルファンデーションを使う前に肌に優しい化粧下地でベース作りを!
  • ミネラルファンデーションはしっかりと肌に馴染ませて塗付していくことが大事
  • ミネラルファンデーションは柔らかいブラシでムラなく塗ること
リペアファンデーション
カバー力とエイジングケアを両立!メイクオフ後に差が出るファンデーション

リペアファンデーション


みずみずしくさらっとしたテクスチャーで、厚塗り感なく塗り広げることができました。ツヤ感もあり保湿力も高いのにペタペタする感じもなく、肌のトーンを均一に明るく整えてくれます。濃いシミは完全にカバーできなかったのでコンシーラーを使用。しかしオフもしやすくメイクしている感覚がないくらい軽いので、このくらいのカバー力がちょうどいいです。
100%天然由来成分でできているリペアジェルから生まれたファンデーション。その優しさから塗っている間美容パックをしているように肌を整えて、メイクオフ後に違いが生まれるのが特徴です。更に超微粒子成分でシミやシワなどしっかりカバーしてくれます。肌悩みが多く敏感になりがちな年齢肌に負担はかけたくないけど、トラブルはしっかり隠したい方におすすめなファンデーションです。
Web限定!たっぷり50日分豪華8点セット1,980円
公式HPへリペアファンデーション